まち歩きの前に

■ テーマ選び

校区の中やその周辺には、「ずっと昔からあるもの」「最近できたもの」「まちの歴史を伝えているもの」、「他のまちにはないもの」「人やまちのくらしを支えるもの」 など様々なものがあります。 まず、自分たちの興味のあるテーマを見つけましょう。

■ コース選び

テーマが決まったら、
・ 地域のことをまとめた資料 
・ 現在そして昔の地図や航空写真
・ 古くからその地域に住んでいる方々や家族や親せきのお話 などを集めて、「まち」のどこをまわれば、テーマにつながるものが発見できそうか考えて見ましょう。
それらの探検ポイントをつないで、コースを考えます。
探検ポイントが見つからないときは、テーマを変えてみるのも良いかもしれません。

■ 地図づくり
探検ポイントとコースが決まったら、まち歩きにもっていく「探検地図」をつくりましょう。
  まわりたい「探検ポイント」がすべて入るような地図を用意しましょう。
  書き込んだり貼ったりできるように、コピーや印刷したものがあるといいですね。
  自由に使えるインターネット地図は
こちら>  http://www.openstreetmap.org/
  コースポイントで聞いたお話をもとに、児童が探検地図にシールを貼ったり、メモをとっておくようにすると、まち歩きが楽しく実施でき、ふりかえりも行いやすくなります。
■ 用意するもの
  • 地図
  • ノートなど
  • 書くもの(三色ボールペンなど)
  • カメラ
  • バインダー(画板)
  • かばん、ぼうし、水筒(ペットボトル)など