新長田合同庁舎整備関連

2018年10月 上部躯体工事及び外部仕上げ進行中(出来高率 約55%)

写真①:外観

建物外周を足場とシートで覆っているため、内部の進捗状況が見えにくいですが、床及び腰壁のコンクリート打設は4階まで完了しました。

1フロアを2工区に分けて、週2回程度のペースでコンクリート打設を行っています。

 

写真②:1階内部

コンクリート打設後は、外壁ECPパネル(押出成形セメント板)と、建具(アルミサッシ)を下の階から順番に取り付けていきます。

サッシは、すべて黒色で統一しています。

 

写真③:屋上

センターボイド内に据えているタワークレーンに加え、屋上に走行クレーンを設置することで、狭い敷地の中、効率よく資材等の揚重を行っています。

 

写真④:センターボイド

屋上からセンターボイド内を見下ろした様子です。

ロングスパンエレベーターを設けて、各フロア間の資材運搬の効率を上げています。

①外観

①外観

②1階内部

②1階内部

③屋上

③屋上

④センターボイド

④センターボイド