神戸栄光教会


◎完成年 初代:大正13(1924)年
◎構造規模 煉瓦造 地上2階
◎設計者 曾禰・中條建築設計事務所(難波停吉)
◎施工者 大阪橋本組


神戸栄光教会は、宣教のために来日したアメリカ人ランバスが神戸の旧居留地内に明治19(1886)年に創立した神戸美以教会を起源とします。明治40(1907)年に「日本メソジスト神戸中央教会」と改称します。その新会堂として大正13(1924)年に完成したものです。教会はその後の昭和17(1942)年に「日本基督教団神戸栄光教会」と現在の名称に改称されます。
煉瓦造2階建ての小会堂で、ヨーロッパの会堂の例にならい西向きの正面入口を持ち、北側には会堂に比してかなり大きな鐘塔を配します。正面の妻面破風にはロンバルディア帯の装飾を付け、窓や塔の開口には半円アーチが用いられています。最も印象的な西側の外観は概して窓が小さくマッシブな印象を受け、一見しますと、ロマネスク風ですが、妻面や塔に見られる縦線の強調、塔頂部の小尖塔、南北面の縦長窓など、ゴシック的な手法も用いられています。
様式的にはやや混乱が見られますが、この瀟酒な会堂は道路に対してアイストップともなり、神戸のまちに無くてはならない情景となっています。
会堂は平成7年の阪神・淡路大震災で被災し、大破し解体されましたが、平成16年9月、前会堂のデザインを踏襲した新会堂が再建されました。


[9]エリアTOPへ戻る